僕は最近、専らインターネット将棋は「将棋ウォーズ」というスマホアプリ(全国のユーザーさんと指せる)で指すのですが、このアプリ、相手の段位のほか、対局が組まれた段階で相手の得意戦法を表示してくれる機能があるのです。

 僕は居飛車でも振り飛車でも割と何でもやるせいか、得意戦法欄がコロコロ変わり、現在のところ「早繰り銀」が僕の得意戦法らしいです。ちょっと前までは「升田式石田流」や「角がわり」、「筋違い角」だった時期もあります。

 その「将棋ウォーズ」という将棋アプリ で、10人戦ったら1~3人くらい得意戦法に「嬉野流」という方と当たるんです。将棋ウォーズのアプリはランダムでマッチングしてくれるので、10~30%位だとすると、かなり使い手の多い戦法になります。

 嬉野流、アマ強豪の嬉野さんが発明し、それを今は亡き元将棋連盟奨励会三段の天野氏(奨励会大会後に赤旗名人優勝等の実績あり)が棋書にまとめた戦法で、プロ対局で見たことは無いと思うのですが、非常に毎度対策を考える戦法です。

  



 天野さんは癌で夭折してしまいましたが、彼の書いた本は将棋ウォーズの世界でも生きていた。

 興味のある方は上のリンクからどうぞ。

 それではまた。